「竣工物件で破壊行為」床下にもぐれない、小太り監督の現場能力

「竣工物件で破壊行為」床下にもぐれない、小太り監督の現場能力

「竣工物件で破壊行為」床下にもぐれない、小太り監督の現場能力

小太りな現場監督Kの苦悩

現場監督は、時折便利屋さんのように扱われることがある。特に住宅を専門に手がける会社の現場監督は、雨漏りや不具合の修繕はもちろん、害虫の駆除から、クモの巣が張り巡らされた床下の点検まで自分の手で行わなくてはならない状況に立たされることがある。

身体を張った仕事だからこそ、プロポーションには気をつけなくてはいけないはずだが、見回すと小太りな現場監督が多いのも事実だ。

全ての小太り監督に当てはまるわけではないが、特におっちょこちょいな小太り監督Kの仕事における苦悩を紹介しよう。

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
2級建築士(女性)。某建設会社の設計部で、主に戸建て住宅の新築やリフォームの設計・積算を担当。今は子育てに追われ、在宅勤務中。再び前線に復帰することを夢見ながら、建築業界に必死でしがみつく日々。
「竣工物件で破壊行為」床下にもぐれない、小太り監督の現場能力 「竣工物件で破壊行為」床下にもぐれない、小太り監督の現場能力

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 建設現場の体験談募集
  • CALSperfect
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館