「いい家」とは何か?結局、自分で施工・監督した家しか信用できない!

「いい家」とは何か?結局、自分で施工・監督した家しか信用できない!

「いい家」とは何か?結局、自分で施工・監督した家しか信用できない?

「瑕疵のない新築物件」に住む方法を、現場監督が真剣に考えてみた

多くの人にとって人生で一番大きな買い物といえば、「家」ではないでしょうか。生涯住み続ける終の棲家として購入する人もいれば、賃貸経営などの資産運用目的で購入する方もいるかと思いますが、どちらにしても大きな決断が迫られます。

今回はそんな家について、恐らく建設業界の誰もが思っているであろうことを、現場監督が真剣に考えてみました。

誤解される建設業界人

建設業界にいる人間であれば、一度は知人から「マンションを買おうと思っているんだけれど、○○のマンションってどうかな?」とか、「家を建てたいんだけれど、どこの建設会社が一番いいかな?」なんて質問を受けたことがあるのではないでしょうか。

私もその例に漏れず、友人知人に加えて賃貸経営をしているお客さんからも質問されることがあります。正直、家を建てたり直したりしていても、物件の価値なんて現場監督の私には分かりませんし、「どうかな?」と聞かれても「便利なら良いんじゃないですか」としか言いようがありません。

家の購入は一世一代の大きな買い物ですので、「建設業界人=建物のことなんでも知っている」という認識から、少しでも安心できる材料が欲しい気持ちも頷けます。しかし、魚屋に漁師の知識を聞くのが間違いであるように、不動産屋の知識を建設現場の人間に聞かないでくれとも思うのです。

修繕工事に携わることの多い私からすると、いい物件というのは「新築時の瑕疵がない物件」というのが一番いい物件です。新築時の瑕疵が後で生む損害を分かっているからこそ、一番気になるのかもしれませんが・・・。

そこで、瑕疵物件を購入段階で確認する方法はあるのか、真剣に考えてみました。

123

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
大学卒業後、改修工事現場にて現場代理人となる。安全と作業効率の両立が永遠の課題。 寒がり暑がりが年々悪化しているため、登山ウェアを作業着に取り入れている。 現場周辺のおいしいお店を見つけては食べに行くのが趣味のひとつだが、揚げ物が最近辛くなってきたことが悩み。
「いい家」とは何か?結局、自分で施工・監督した家しか信用できない! 「いい家」とは何か?結局、自分で施工・監督した家しか信用できない!

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 建設現場の体験談募集
  • CALSperfect
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館