施工管理求人ナビ トップ

施工管理技士の転職必勝ガイド

「転職は当たり前」施工管理技士なら知っておくべき転職の3大メリット

「転職は当たり前」施工管理技士なら知っておくべき転職の3大メリット

「転職は当たり前」施工管理技士なら知っておくべき転職の3大メリット

1つの会社で定年まで勤め上げるのは美徳?

1つの会社で定年まで勤め上げることが美徳とされ、転職することは恥ずかしいと言われる時代もありました。
実際、昭和の時代から働いてきた世代にとっては、1つの会社にずっと勤めるというのは今でも当たり前の考えとして持っている方も少なくないですが、働き方や生活スタイルが変わりつつある現代では、転職は当たり前のものとして受け入れられています。

そこで今回はアンケートのデータを踏まえつつ、転職のメリットについてお話していきたいと思います。

転職を選ぶ施工管理技士が増加中!その理由は?

2017年7月に日経BP社が行ったエンジニア転職意識調査において「転職は恥ずかしいと思うか」という質問をしたところ、恥ずかしいと思うと回答した人は僅か2.1%でした。

また、建設業界に絞った場合として、「施工の神様」で建設業界の転職意識のアンケート調査を行っています。

2017年10月現在の集計を見ますと、転職を恥ずかしいと思っている人の割合は僅か9%。また、転職回数は0回が21%という数字ではありますが、3回以上転職している人を数えると全体の41%もいることが分かります。

「就職したら定年まで勤め上げるのが当然」というのは、もう過去の話で、不景気になるといつリストラされるか分からない状況です。

事実、建設業全体で見ると好景気とはいえ、地方の建設会社の景気は悪化傾向にあります。好景気の企業は都市部や東北地域に集中していることから、自分の会社の先行きを心配する方も少なくないと思います。
だからこそ、好景気のうちに低リスクの会社、規模の大きい優良ゼネコンに転職する施工管理技士が増えてきているのです。

転職で得られる3大メリット。

1つの会社で定年まで勤め上げるという選択肢もありますが、転職にもメリットが沢山あります。

転職による主なメリットの1つ目は、スキルアップとキャリアアップを実現しやすいこと。現在の職場で働き続けても身につけたいスキルの習得が難しいと思える場合や、より多くのことを学んで自分を成長させたい場合などは、転職によりそれを実現する可能性が高まります。

2つ目のメリットは、やりがいのある職場で働けること。毎日惰性で仕事を続けている方も少なくないと思いますが、何となく働いている状況では自身のモチベーションのためにもキャリアのためにもなりません。転職によって新しい刺激を受け、知識を学ぶことが日々の仕事のやりがいに繋がります。

3つ目は収入アップです。現在の年収が同世代、または同業他社と比べて低いと感じたとしても、今まで昇給額が渋かった会社で急激に給与が上がるというのは稀なケースです。
手っ取り早く年収を上げたいのであれば、転職という選択肢が最も早く、このご時勢では、転職するだけで年収数百万円アップする施工管理技士も少なくありません。

今の建設業界は労働条件の良い求人に出会いやすい転職のチャンス!

建設業界において「転職のメリット」が高まっている背景には、単純に建設業界は人手不足なので、条件の良い求人に出会いやすい、という点があります。

建設業界は1992年をピークに需要が落ち込みましたが、2011年以降は持ち直して安定した需要が続き、公共工事・民間工事ともにプラス成長を続けています。このプラス成長の動きは、2020年までは震災復興関連の需要と東京オリンピック関連の需要増が継続的にありますし、2020年以降も震災復興関連の需要に加えて、都市再開発事業、老朽化したインフラ整備関連の需要も多いあるため、好景気と求人が多い状況はまだしばらく続くと予想されています。

しかし、就業者数は1997年をピークに、2016年までに約27%も減少しています。つまり、仕事はあるのに働き手がいないため、高待遇で迎え入れられる可能性が高いことを意味しています。
誰もが知っているような大型建築物や、永続的に残る高速道路やリニア中央新幹線の建設工事など、国家的プロジェクトでも人手不足が顕著なので、やりがいを求める技術者にとっても、今は転職のチャンスといえる状況です。

今だけ!施工管理技士の隠れた転職メリット:「条件・待遇の良い求人は早い者勝ち」

さらに建設業界ではもう一つ、「今転職する隠れたメリット」があります。それは「条件の良い求人に出会いやすいという事実に気づいている方がまだ少ない」という点です。

中でも特に施工管理技士は、どこの現場でも両手を広げて歓迎されると言えるほど高い需要がある状況です。
それにも関わらず自分の市場価値に気づいていない方が多いのは、勿体ないと言える反面ある意味「気づいたもの勝ち」の状況に陥っているとも言えるでしょう。

好条件の求人の競争率が高まる前の今のうちに、決断と行動を起こされることをおすすめします。

45万人の施工管理技士が利用!
施工管理求人ナビに登録(無料)すると、
高額・好条件の求人をご紹介します

新規会員登録する
人生を変える!
施工管理技士の転職必勝ガイド トップに戻る
施工管理技士の
転職に精通した

施工管理求人ナビの
転職アドバイザーに
相談してみませんか?

まずは仕事の提案を受ける
施工管理技士の
転職に精通した

施工管理求人ナビの
転職アドバイザーに
相談してみませんか?

まずは仕事の提案を受ける