施工管理求人ナビ トップ

施工管理技士の転職必勝ガイド

施工管理技士の転職。ハローワークのリスク、転職サイトや人材紹介会社のメリット。

施工管理技士の転職。ハローワークのリスク、転職サイトや人材紹介会社のメリット。

施工管理技士の転職。ハローワークのリスク、転職サイトや人材紹介会社のメリット。

転職をお考えの施工管理技士必見。後悔しない転職のために

建設業において施工管理技士の方が転職するには、幾つかの方法があります。大きく分けるとハローワーク、転職サイト、人材紹介会社の3種類でしょう。

それぞれ利用方法は異なりますが、施工管理技士の方が自分自身の希望通りの条件で転職するためには、転職サイトもしくは人材紹介会社を使うべきです。

なぜ施工管理技士の転職でハローワークがおすすめできない理由やリスク、そして転職サイトや人材紹介会社を使うメリットとデメリットについて解説します。転職に興味のある、転職したいけど何から始めたら良いのかわからない、自分の転職活動の手段に対して不安、そんな施工管理技士は必見です。

施工管理技士がハローワークを使って転職するリスク

施工管理技士が自分自身の力で転職活動をする方法としては、まずハローワークの利用が挙げられます。しかし、施工管理技士がハローワークで転職することはデメリットが大きいです。

ハローワークで仕事を探す場合、インターネット検索サービスで求人を探す、または最寄りのハローワークに足を運んで求人を探すことになりますが、ハローワークの求人内容と実際の労働条件が異なるケースは、施工管理の仕事に限らず「よくある話」です。求人票に書いてある内容よりも休日が少ない、給与が少ないというのはまだマシな方で、正社員の求人票を見て応募したら、実際は日給月給の業務委託だったという例もあるほどです。

そもそもハローワークは「求人掲載が無料」という企業側にとってのメリットが強く、ハローワークに施工管理技士の求人を出す企業の多くは、有料の転職サイトや人材紹介会社を使う金銭的な余裕がない中小・零細の企業が多いです。

そして、施工管理技士の人材不足に強く悩んでいる中小・零細の建設会社は、少しでも見栄えの良い求人票を作りたいと考えます。ハローワークに掲載される施工管理技士の求人は、採用コストをかけずに人材を集めようとする企業が多いため、結果として「求人票と実際の内容が全く違った」という事態が起きやすいのです。

転職市場で「引く手あまた」の施工管理技士が、せっかく一大決心をして転職したにも関わらず、転職先もブラック企業だったというのではあまりに不憫な話です。そのため、施工管理技士の方はなるべくハローワークを利用した転職を避けたほうが良いでしょう。

もちろん、ハローワークと、転職サイト、人材紹介会社を併用している優良企業もありますが、ハローワークの求人票でそれを確認することは難しいです。そういった意味でも施工管理技士の皆さんは、リスクの大きいハローワークよりもメリットの多い転職サイト、人材紹介会社を使うことをオススメします。

施工管理技士が転職サイトを利用するメリットとデメリット

ここからは、転職サイトと人材紹介会社の違いについて説明していきます。

一般的に転職サイトと呼ばれるものは、各サイトに会員登録後、自分で求人を探して応募し、面接を受ける流れになります。多くの転職サイトには履歴書の書き方や面接のコツなどの転職ノウハウが掲載されているので、その内容を参考にしながら自分自身の状況や希望、スキルなどに合わせて転職活動を進めていくことが可能です。

転職サイトは求人数の多さが大きなメリットで、沢山の求人企業から、仕事内容や勤務地、年収など自分の希望する条件に合わせて絞り込んで応募できます。転職サイトを通して求人企業に直接応募できるため、数多くの求人に応募するには最も効率の良い方法と言えるでしょう。

大手転職サイトはテレビCMや雑誌などで積極的に広告を打っており、知名度は抜群です。3つの転職方法の中で、利用者の数としてはこの転職サイトの利用が最も多いという点も特徴と言えるでしょう。

転職サイトのデメリットは、規模が大きくなるほど自分と関係のない求人数も増える傾向にあるため、自分の希望する条件の求人を探すことに時間を取られるという点です。また、利用者数が多いことはメリットの一つであるというのも裏を返せば、条件の良い求人ほど応募が集中して競争率が高くなるというデメリットもあります。

施工管理技士が人材紹介会社を使うメリットとデメリット

人材紹介会社という言葉にあまりなじみのない施工管理技士の方も多いのではないでしょうか。無料でサービスを利用できる会社も多く、求職者のメリットが非常に大きいため、転職の方法として最もおすすめと言えます。

人材紹介会社は、ハローワークや一般的な転職サイトと違って、求職者に専任のキャリアアドバイザーがついてくれます。キャリアコンサルタントという国家資格を保有しているカウンセラーも多く、転職からキャリア形成、人に聞きづらい年収や残業などの待遇面までキャリアアドバイザーなら幅広く相談できます。転職する際には何かと不安がつきまといがちですが、人材紹介会社の場合は仕事の適性やキャリア形成などの相談をしたうえで、サポート担当者と一緒に応募先企業を絞り込んでいくのが通常のため、転職前と転職後のギャップが生まれにくいこともメリットの一つです。

募集要項や面接において、聞きづらい給与や残業時間などの待遇面の交渉も担当者が行ってくれることが多く、これを活用することが施工管理技士の転職を成功させるカギとなるでしょう。保有している資格や現場での実務経験、スキルなどから最適な求人の提案を受けることもでき、客観的な視点を持って転職活動することができます。

特定の業界業種だけに特化した人材紹介会社も存在し、そうした専門的な人材紹介会社は、業種をまたいで紹介している大手の求人サイトにはない求人情報や、非公開求人を紹介してくれるというメリットがあります。非公開求人は企業側の都合によって非公開となっていることが多いため、労働条件や仕事の環境が良い求人が多いと言われています。一般的に非公開求人のほうが公開されている求人よりも多く、多くの幅広い選択肢を持つことができることもメリットと言えるでしょう。

特定の業種に特化した人材紹介会社であれば、大手の求人サイト以上に多い求人案件を保有していることもあり、実は大手転職サイトよりも好条件の求人数も豊富です。専任のキャリアアドバイザーも、その業界に詳しい人間なので、業界や業種ならではの悩みや面接の相談なども聞いてくれます。

業種特化型の人材紹介会社が存在しない業界や業種もまだまだ存在しますが、特化型の人材紹介会社には、他の転職方法と比べてメリットが多いです。逆に、業界に特化した人材紹介会社でなければ、大手の求人サイトとサービスの質が大きく変わらないという点がデメリットと呼べるでしょう。人材紹介会社を利用したことがない転職活動中の施工管理技士の方も多いと思いますが、求職者に対するメリットは大きく、この機会に利用してみることをおすすめします。

施工管理技士の転職なら「施工管理求人ナビ」がおすすめ!

施工管理技士が転職活動をする際の方法として3種類を紹介しましたが、結論としてはハローワークよりも転職サイトか人材紹介会社、もしくはその両方を使われることをおすすめします。

先に述べたとおり転職サイトと人材紹介会社には双方にメリットがあり、両方のサービスを使うという選択肢もある中で、最近は両方の特性を兼ね揃えたサービスも出てきています。

施工管理技士の転職に特化した「施工管理求人ナビ」も転職サイトであり、かつ人材紹介会社でもあるサービスの一つです。

施工管理求人ナビは、施工管理技士一人一人の待遇や給与アップに向けて、土木・建築・設備など幅広い職種の施工管理技士の求人を大手求人サイト以上に取り揃えており、転職者の収入が前職の1.2倍~3.8倍もアップするという実績があります。

また、転職アドバイザーは全員、国家資格のキャリアコンサルタントを保有しており、約9,000名の建設技術者の転職をサポートしてきた豊富なノウハウで、転職を最大限にサポートできる体制が整っています。施工管理技士ならではの悩みや年収・残業など待遇面の相談、キャリア形成など無料で相談しながら転職活動に取り組むことができます。

転職サイトと人材紹介会社の“いいとこ取り”をした形のサービスなので、ぜひ転職を検討段階の方でもお気軽に「施工管理求人ナビ」ご登録ください。

45万人の施工管理技士が利用!
施工管理求人ナビに登録(無料)すると、
高額・好条件の求人をご紹介します

新規会員登録する
人生を変える!
施工管理技士の転職必勝ガイド トップに戻る
施工管理技士の
転職に精通した

施工管理求人ナビの
転職アドバイザーに
相談してみませんか?

まずは仕事の提案を受ける
施工管理技士の
転職に精通した

施工管理求人ナビの
転職アドバイザーに
相談してみませんか?

まずは仕事の提案を受ける