施工管理求人ナビ トップ

施工管理技士の転職必勝ガイド

高収入を目指す施工管理技士・現場監督が「派遣」を視野にいれるべき理由

高収入を目指す施工管理技士・現場監督が「派遣」を視野にいれるべき理由

高収入を目指す施工管理技士・現場監督が「派遣」を視野にいれるべき理由

施工管理技士が給与を上げるにはどうすればいいか

「何のために仕事をするのか」
仕事に求めるモチベーションは人それぞれあるとは思いますが、その中でも特に多くの方が求めるであろうことは「お金」ではないでしょうか。
家族を養うため、いい暮らしをするため、お子様に良い教育を受けさせたいため、ローンを返すため、評価されていることを実感するため…etc、仕事をするなら少しでも給料を上げたいと考えるのは社会人として当たり前のことです。

では給料を上げるために施工管理技士はどうすればいいか?
キャリアアップのために資格を取ることも当然大事ですが、当サイトでは「派遣」として働くことを高収入への近道としておすすめしております。
この記事では、正社員と派遣の収入面での違いにフォーカスをしつつ「なぜ派遣がおすすめなのか」の理由をお伝えしようと思います。

「派遣は給料が安い」は一般職の話

派遣社員は正社員よりも給料が低いというイメージを持つ方は少なくありません。
実際に厚生労働省が発表した平成28年の雇用形態別の賃金を見ると、建設業全体の正社員全体の平均賃金は月額約34.1万円、正社員以外では約27.6万円と7万円程度の開きがあります。この部分だけを切り取ると、確かに給料は正社員のほうが高いと言えるでしょう。

しかし、一口に「正社員以外」と言っても派遣社員だけではなく出向社員や契約社員、パートやアルバイトも含まれており、派遣社員一つとっても受付などの事務職と現場で働く技術職・専門職に枝分かれしています。
受付などの事務職の派遣の求人を見ると、月給10~20万の仕事がほとんどです。
事務職の給与が低い理由は、資格がなくてもある程度誰にでもできるという「代わりの効きやすさ」という点が大きいです。一般的な「派遣の給与の安さ」というイメージは、この事務派遣への印象が強いのではないかと思います。

その一方、施工管理技士のような専門職の派遣求人は、実際の求人を見て頂くと分かると思いますが月収50~60万の待遇でも現在では全く珍しくありません。
その背景には施工管理技士の不足という業界的な事情があり、「代わりの利かない存在」「現場から切に求められている」ということで施工管理技士の市場価値がこれまでにないほど高まっている現状なのです。

将来が分からないのは正社員も派遣も同じ

ではなぜ企業側が正社員ではなく敢えて高給の派遣社員という形で施工管理技士を募集するのかというと、これには
・給与は高くても社会保険や福利厚生は派遣元が支払うので、固定費が削減できる
・派遣社員への報酬は課税対象になるので、消費税納付の減額になる
・常時雇用ではないため、本当に必要な時にだけ雇える
などの企業側のメリットがあります。

「常時雇用ではない」という点で派遣に不安を覚える方も多いと思いますが、今の時代、常時雇用の正社員が本当に将来に渡って安心とは誰にも断言できないでしょう。
¬¬建設業界全体としては現在好景気とは言え、今働いている会社が同じように好景気とは限らないはずです。一度会社の売上が悪くなれば、大手ゼネコンですらリストラを敢行した過去もあり、仮に正社員の地位は守れたとしても賞与カットや給与ダウンに巻き込まれることもあるでしょう。

建設業界以外に目を向けると、「フリーランス」という企業に属さない働き方が増えてきていますが、その背景には「企業には頼らず、自分のスキルを活かして必要とされた場所で働きたい」というような労働者側の意識の変化があります。
施工管理技士のような技術職における派遣社員という働き方も同様です。「いち企業の売上や景気に頼らず、自分のスキルを磨き必要とされる場所で働く」という建設業界におけるフリーランス的な働き方をすることで、結果として正社員時代より高年収を得ているのです。

派遣は仕事内容が選べる

正社員の場合、基本的には会社が指示する工事現場の仕事をしなければいけませんが、派遣の場合は仕事内容が選べるのも大きなメリットです。いままでの工事経験やスキルで選んでもいいですし、業務内容に精通している転職アドバイザーと相談しながらキャリアアップのための仕事を選んでもいいわけです。
また、派遣の場合は就業先の工事現場を決めた上で就業することが多いので事前に残業の多さ、労働環境、所長の人柄などもわかった上で就業できるのも大きなメリットです。

ただし、仕事内容を選ぶためには多種多様な案件を持つ派遣会社を選ぶ必要があります。

とにかく稼ぎたいなら関東、東北がおすすめ

施工管理技士への需要が高まるのと比例するように施工管理技士の給与も上昇傾向にありますが、その傾向が特に強いのが名古屋以東の関東~東北圏です。
高額の派遣求人もこのエリアに集中しており、福島の原発事故に伴う除染作業、宮城の震災復興工事、東海エリアのリニア中央新幹線建設工事、オリンピック関連工事など広く名が知られている工事も多く、今東日本は”とにかく稼ぎたい”という施工管理技士の方から注目を浴びています。
また、需要が高い地域というのは単身赴任者のための宿舎や通勤の足に使う自動車などは基本的に無償で用意されており、加えて帰省旅費も支給されます。宿舎も専門職である施工管理技士には一般作業員と比べて綺麗な宿舎が割り当てられます。

「将来は分からない」だからこそ「今の稼げるうちに稼いでおく」という考え方は決して間違いではありません。
だからこそ、関東や東北に転職する施工管理技士が今増えているのです。

施工管理求人ナビが提案する派遣の働き方

派遣求人を取り扱っている弊社の施工管理求人ナビでも、「施工管理技士の転職」という業界において最大手というポジションを活かした多くの関東~東北圏を中心とした高給与の派遣案件を数多く取り扱っています。

また、スキルや現場経験が豊富な方限定の求人ばかりという訳ではなく、例えば2級施工管理技士の資格を持っている方向けにキャリアアップに繋がる現場を紹介することも可能です。施工管理求人ナビの派遣で就業した人の中には、就業中に1級資格を取得しつつ転職に有利な大型現場を経験して、大手ゼネコンへ転職した方の事例も多数ございます。将来的なキャリアアップ・ステップアップの足掛かりとして当サービスをご利用頂きたいと考えております。

ここまでにご紹介した通り、施工管理技士における派遣社員は、正社員よりも高給が期待できる働き方です。ぜひ、「とにかく稼ぎたい」と思っている施工管理技士の方はご一考されることをおすすめいたします。

45万人の施工管理技士が利用!
施工管理求人ナビに登録(無料)すると、
高額・好条件の求人をご紹介します

新規会員登録する
人生を変える!
施工管理技士の転職必勝ガイド トップに戻る
施工管理技士の
転職に精通した

施工管理求人ナビの
転職アドバイザーに
相談してみませんか?

まずは仕事の提案を受ける
施工管理技士の
転職に精通した

施工管理求人ナビの
転職アドバイザーに
相談してみませんか?

まずは仕事の提案を受ける