建設現場で使える「施工管理アプリ」まとめ10選

建設現場で使える「施工管理アプリ」まとめ10選

通話だけでなく写真や動画、音声などの記録が残せるスマートフォン。

すでに施工管理業務の一環として、スマートフォンを活用されている建設技術者さんも多いのではないでしょうか。

建設現場の施工管理で、スマホを有効活用できるアプリ10種類を厳選して紹介します。

施工管理アプリ その1.  Photoruction(フォトラクション)

「Photoruction(フォトラクション)」は、スマホのカメラを使って建築現場で必要な大量の写真を撮影し、そのままクラウド上で管理・共有することができるアプリです。撮影・整理・共有の手間を省くことで、建築品質の向上が期待できます。現在、正式リリース前のβ版として利用できます。

施工管理アプリ その2.  Kizuku(キズク)

「Kizuku(キズク)」は、手軽にやりとりができるチャット機能をベースに、工程管理や品質管理等の現場管理ができるクラウドサービスです。作業の段取りや現場の下見・確認などに要する時間を短縮でき、忙しい現場監督・職人さんの負担を軽減します。本来の家づくりに専念できるので、より一層の業績向上が見込めます。

施工管理アプリ その3.  SiteBox 出来形・品質・写真

「SiteBox 出来形・品質・写真」は、デジタル工事写真の小黒板電子化に対応したスマートフォンアプリです。スマホのカメラで記録した実測値をデータバンクに速やかに保管することで、データ紛失などのトラブルを避けることができます。また、関連アプリやサービスが豊富にあり、組み合わせることによってさらに業務効率化を実現できます。

施工管理アプリ その4.  かん助

「かん助」という名称には、施工の管(かん)理・監(かん)督を助けるという意味があります。建設現場や工事現場において、下請け業者も含めた情報共有を行い、ヒューマンエラーを抑止することで、さらなる施工品質の向上が期待できます。システムは、パソコン(Windows)、スマホ(iPhone・Android)、タブレット(iPad)で動作可能です。

施工管理アプリ その5.  eYACHO

「eYACHO」は、建設現場で広く利用されている野帳の利便性を、スマホなどのデジタルデバイスで活用できるアプリです。業務記録やメモを手書き入力でデジタル化する機能、フリーハンドできれいな図形(作図)が描ける機能など、野帳のように何でも書き込めるのが特徴。対応OSは、iOS8以降および、Windows10(2017年5月発売予定)です。

施工管理アプリ その6.  STUCCO (スタッコ)

「STUCCO (スタッコ)」は、新築やリフォームの施工中に、チームで使用することをコンセプトに開発された施工管理アプリです。スマホを効果的に利用でき、リアルタイムでのコミュニケーションが容易になるため、施主様や社内外のメンバーとの情報共有に活用できます。また、写真などを時系列に沿って管理する機能があり、整理の手間を減らすことも可能です。

施工管理アプリ その7.  フィールドプラス

「フィールドプラス」は、施工管理技士の作業効率化を図るためのシステムとして、施工管理技士向けの報告用アプリと、サポート部門・管理者用のWebページをセットで提供。現場での業者との打ち合わせや資材などの手配、進捗報告用の現場写真の撮影から帰社後の報告書の作成などまで、一括して分かりやすく管理できるのが特徴です。

施工管理アプリ その8.  ANDPAD(アンドパッド)

明日から使えるカンタン施工管理アプリ「ANDPAD(アンドパッド)」

「ANDPAD(アンドパッド)」は施工現場の業務を強力にサポートしてくれるスマホアプリです。工程表、カレンダー、写真・資料の管理、OB管理、検査、チャット、日報、営業管理、見積作成、受発注データの管理など、さまざまの業務をこのアプリだけで行うことができます。情報を一つに集約してスムーズな施工管理をしたいときにとても便利です。

施工管理アプリ その9.  ieell.jp(イエール)

「ieell.jp(イエール)」は、工事案件毎に施工管理ができ、関係業者とも情報共有ができるサービスです。現場で撮影した写真をその場でクラウドに保存・共有はもちろん、その他のファイルの管理・共有、簡単にできる見積り作成、工程表作成、関係者とのチャット機能等、施工管理に必要な機能が網羅されています。アプリもあるので、現場でも簡単に操作することができます。
イエールの施工管理機能を利用することにより、工事以外の事務作業にかかる時間が20%削減されたという声もあります。

施工管理アプリ その10.  SmartPlus(スマートプラス)

スマートデバイスを活用した施工管理システム「SmartPlus(スマートプラス)」

「SmartPlus(スマートプラス)」は、インターネットにアクセスできる環境ならどこからでもスムーズに現況を報告することのできるアプリです。入力にQRコードが利用できるなど現場での操作性に配慮されているのが特徴。他にも未送信の情報を管理画面で一覧できたり、簡潔で見やすいチェックシートを用いて施工管理上の報告作業を効率化できます。


以上、施工管理で活用できるスマホアプリを10種類紹介しました。

利用料金や動作環境は変更する場合もありますので、詳細は公式サイトでご確認ください。 

担当現場の生産性が向上しますように!

こちらも合わせてどうぞ!
「下ネタと安全帯が当然」の建設現場は嫌だ!24歳女性現場監督の告白
「けんせつ小町」として建設業を諦めたくない! 建設業のオジサマたちは、若い「けんせつ小町」たちと、どうやって接していますか? これから建設業界にも若い女性技術者が増えてくると思いますが、一歩間違えればセクハラで訴えられる...
「暴力も必要かも」大手ゼネコンの若手現場監督に、飛び蹴りした鳶職人
暴力はすべて否定されるのだろうか? 大手ゼネコンが施工者の大学総合病院の建設工事が始まり、着工後1年を過ぎた頃、常駐していた職長が持病のため入院し、私が代わりに職長の任に就くことになった。 建物はA棟~E棟、さらに看護学...
施工管理技士より高需要で高給与!?「JR工事管理者」のキャリアと休日とは
施工管理技士より高需要で高給与!?「JR工事管理者」のキャリアと休日とは
通話だけでなく写真や動画、音声などの記録が残せるスマートフォン。 すでに施工管理業務の一環として、スマートフォンを活用されている建設技術者さんも多いのではないでしょうか。 建設現場の施工管理で、スマホを有効活用できるアプ...
残業100時間超の現場監督。サービス残業の元凶は労働基準監督署?
残業100時間超の現場監督は多い? 現場監督で残業80時間を超えている人は多い。残業100時間超えが当たり前という現場監督も少なくないと思う。 しかも、電通の過労自死事件が明るみになってから、労働基準監督署も厳しくなって...
「Google、Appleを超える?」土木測量を変革するテラドローン・COO関鉄平氏にインタビュー
建設業の生産性向上を加速するテラドローン 建設系メディアでは、連日のように「i-Construction」という言葉が飛び交っている。2015年11月に石井啓一国土交通大臣がi-Constructionという概念を打ち出...
【除染現場の宿舎6選】復興最前線で戦う建設技術者たちの「寝床事情」
東日本大震災から6年が経過しようとしていますが、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う除染作業はまだ続いています。今も多くの施工管理技士が単身赴任で、福島県にやってきています。 特殊勤務手当が付くので稼げる、という側面も...

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
映画『釣りバカ日誌』の浜ちゃんを信奉している建設業界の平凡なサラリーマン。万年平社員こそ、わが理想としているが、年齢を重ねるとなかなかそうもいかない現実と日々これ格闘中。
建設現場で使える「施工管理アプリ」まとめ10選 建設現場で使える「施工管理アプリ」まとめ10選

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 施工管理技士の転職サイト
  • 建設現場の体験談募集
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館