建設業界の平均年収を押し上げている企業はどこ?ゼネコンの年収事情をご紹介

PR
建設業界の平均年収を押し上げている企業はどこ?ゼネコンの年収事情をご紹介

建設業界で高年収といえば「スーパーゼネコン」

建設業における「高年収企業」としてまず頭に浮かぶのが、スーパーゼネコンと呼ばれる大手ゼネコン5社。
大手の建設会社の中でも、完成工事高の上位5社で、単独売上高が1兆円を超えている企業として「鹿島建設」「清水建設」「大成建設」「大林組」「竹中工務店」がスーパーゼネコンと呼ばれています。

5社とも平均年収900万円を超えており、全体的に上昇傾向の建設業の平均年収を押し上げている存在です。

スーパーゼネコンと準大手・中堅ゼネコンの年収比較

まずはゼネコンの年収について、企業規模別に見ていきましょう。ここでは、非上場の竹中工務店を除いたスーパーゼネコン4社と準大手・中堅ゼネコン3社の平均年収を紹介します(調査対象年度:2016年)。

【スーパーゼネコン】
・大林組…950万円
・大成建設…950万円
・鹿島建設…947万円
・清水建設…966万円

【準大手・中堅ゼネコン】
・長谷工コーポレーション…895万円
・五洋建設…792万円
・戸田建設…835万円

参考:【本邦初公開】建設業100社の平均年収ランキング

このように、スーパーゼネコン各社のあいだでは年収に大きな差はありませんが、スーパーゼネコンと準大手・中堅ゼネコンとでは、明らかな開きがあることがわかります。

スーパーゼネコンの工事実績には、誰でも聞いたことのある建築物、利用したことのある建築物が多くあります。例えば、大林組は東京スカイツリー、大成建設はグランドハイアット東京、鹿島建設はユニバーサル・スタジオ・ジャパン、清水建設は東京湾アクアラインなどが代表的な建築物です。

2016年度の建設業全体の平均年収ランキングではTOP3を逃してしまったスーパーゼネコンですが、上に挙げた4社はしっかりとTOP10にはランクインしているので、やはり年収が高いという事実には変わりません。※2016年度TOP3は上から日揮、ショーボンドホールディングス、大氣社の順。

一方、準大手・中堅ゼネコン各社は、大きな工事を単独受注で請け負う一方で、スーパーゼネコンとJVを組んで大規模工事に参加することも多々あります。準大手・中堅ゼネコンの給与面で特筆すべきは、大手ゼネコンの場合は社内規定以上の給与が出ることはほぼありませんが、準大手・中堅ゼネコンの場合は人材確保のために、中途採用者へ同期よりも高額な給与を提示することもある、という点です。準大手・中堅ゼネコンはスーパーゼネコンほど人気もなく、優秀な技術者の採用に苦戦しています。そのため、給与や待遇面でスーパーゼネコンよりも好条件を提示する個々のケースがあるのです。スーパーゼネコンの社員より、準大手・中堅ゼネコンのほうが稼げることもあるという点は見逃せません。

12

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
『現場の神様』編集部です。個人・企業を問わず、取材してほしい方・執筆協力いただける方・PRしたいことがある方を募集しています。 お問い合わせはこちらへ。
建設業界の平均年収を押し上げている企業はどこ?ゼネコンの年収事情をご紹介 建設業界の平均年収を押し上げている企業はどこ?ゼネコンの年収事情をご紹介

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 施工管理技士の転職サイト
  • 建設現場の体験談募集
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館