コネでゼネコンに入社。しかし施工管理6年で退職した「公務員」の胸中…

コネでゼネコンに入社。しかし施工管理6年で退職した「公務員」の胸中…

「一度も転職を考えたことがなかった」施工管理技士の転職理由

施工管理技士が転職する理由の中には「収入アップ」「キャリアアップ」「やりたい仕事をやる」といった前向きな理由から、「人間関係」「倒産」「介護」「病気」などやむを得ない理由まで、様々な内容が考えられます。

収入アップを目的として転職する方が多いと推測しますが、当時の私にとって転職は絶対にあり得ない話でした。

私と同様、転職をしたことがある・考えている方はもちろん、転職なんて一度も考えたこともない施工管理技士の皆さんへ向けても、いざという時に、私の昔話がみなさんの参考になれば幸いです。

CADオペレーターという職種は消える?女性CADオペが語る「将来と転職」

【PR】CADオペレーターという職種は消える?女性CADオペが語る「将来と転職」

施工管理キャリアは、大学教授のコネでスタート

私が大学を卒業した頃は、就職氷河期とまではいかないものの、建設業界が全体的に冷え込んでいる時期で就職活動をしてもなかなか建設会社から内定をもらえず、日々落ち込んでいました。その悩ましい状況を大学研究室の教授に相談したところ、「君にぴったりなゼネコンがある。そこに行くか?行く気があるのなら連絡しておくから、明日にでも直接連絡してみなさい」と救いの手が差し伸べられました。

そのゼネコンこそ、大学卒業から転職するまで6年間お世話になったゼネコンA社でした。ゼネコンA社の会長は、教授の学生時代の先輩で、すでに4人の教授の教え子がゼネコンA社の最前線で施工管理をしていました。教授の指示に従い、翌日ゼネコンA社におそるおそる電話をしてみたところ、会長のご子息である社長に取り次がれ、「先生から話を受けている。早速面接をしたい。」と言っていただきました。

今まで内定がもらえなかった就職活動がまるで嘘だったかのように、トントン拍子に内定・入社が決定しました。小さいときから建設業界に憧れを持ち、建設会社に就職することが夢だった私にとって、ゼネコンA社にはこの上ない環境が整っていました。

ゼネコンA社での施工管理は順風満帆

ゼネコンA社は政令指定都市に拠点を置いており、当時A〜Dランクで公表されていた市内業者の格付けでAランクに位置づけられていました。

経営手法は手形を使わない現金決済、さらに無借金で経営をしていた優良企業です。教授から受けたご恩、拾っていただいたゼネコンA社への感謝、そして憧れの職業・施工管理ということから、ゼネコンA社のために必死に働くことが、私の最低限の務めとなりました。そして何よりも施工管理という仕事に実際に携わってみたら、考えていた以上に楽しかったのです。

ゼネコンA社にお世話になることになった翌年には所帯を持ち、子にも恵まれ、さらに家も建てて順風満帆。私にとって、いかに「転職」があり得ないことだったか、お分かりかと思います。

ゼネコンA社も避けられない不況のあおり

しかし、そんな矢先、サブプライムローンやリーマンショックによる経済の冷え込みの余波を受けて、建設業界も最悪の時期を迎えます。格付けAランクのゼネコンA社に入社し、将来安泰だと思っていましたが、徐々に残業代、休日出勤手当て、ボーナスなどが支給されなくなり、「お金」という形で家計に影響が出てきました。

1、2ヶ月の話でなく、このような不払い状況が長く続き、ついに妻の口から「転職」というキーワードが強く発せられるようになりました。

私にとってゼネコンA社からの転職は、どうしても受け入れ難いものだったため、妻からの転職の催促は半分聞き流していましたが、住宅ローンの返済や、子供が保育園に入れず、親は遠方で頼れないなど、やがて家計が切羽詰まり、転職の道を余儀なくされました。

「年収1000万円超」大学教授が反対するモデルルーム建設会社への転職

転職にあたっては、建築関連の仕事ということだけはどうしても譲れなかったので、建築関係の業種で転職活動を始めました。建築施工管理技士として、ゼネコン、ハウスメーカー、ディベロッパー……いろいろ探してはみたものの、あまり乗り気でない転職活動はなかなか最初の第一歩が踏み出せず、形だけの転職活動が続きました。

ある日、いつものようにダラダラと転職先を調べていると「成果報酬を積み上げれば、年収1000万円超」という、分譲マンションのモデルルーム建設会社であるB社の求人情報に目がとまりました。建設業界かつ収入アップというのが最低条件だったところに、努力次第で「年収1000万円プレーヤー」という、男なら誰しもが憧れるような条件が飛び込んできたのです。

早速B社に連絡すると、交通費を全額負担するから面接させて欲しいということだったので、B社本社のある大阪に向かいました。学生時代の暗黒の就職活動が嘘のように、B社からかなりの高評価をいただき、すぐにでも転職してきて欲しいという話になりました。私はB社に転職する気満々で、ゼネコンA社を退社する旨を大学の教授に報告に行きました。しかし、アポを取って訪問すると「そんな会社は絶対ダメだ!似たような仕事に就いている施工管理技士を見ているが、やめておきなさい。」と猛烈に反対されたのです。

結局、教授の意見を尊重して、B社に断りの連絡を入れましたが、当時の私は、自分に対するB社からの高評価にのぼせていて、いくら恩師とはいえ、なぜ反対されたのか分かっていませんでした。

嫌いだった公務員に転職した理由は「マンション紛争」

そんな頃、低層住宅の集まる私の自宅周辺で、高層分譲マンションの建築計画が沸き上がってきました。日照、通風、騒音振動、不特定多数世帯の流入など、さまざまな問題があるとして、必然的にマンション紛争に発展し、私自身も建設反対の住民運動に参加することになりました。その際ファシリテーターとして公務員の方が間を取り持ってくれたのですが、その調整能力、議事進行、建築に関する知識は申し分ありませんでした。建物を作ることしか知らなかった私にとって、建てるために必要な知識の奥深さを知ることになり、公務員に対するイメージが好転し、新鮮さを覚え始めました。

一方で転職活動は、またなんとなく探す日々に戻っていました。そんな折に今度は妻から「こんな求人を見つけたから受けてみたら?」と、公務員の採用試験を提案されました。ゼネコンA社では、役所発注の工事で痛い経験をしていた私にとって、公務員の印象は良くなかったため、自分自身が公務員になるという姿はまったく想像できませんでした。

しかし、マンション紛争で優秀な職員に接したことで、公務員に少し興味があったことと、仕事がなくならない安心感、建築する側ではなく「建てるための仕事」に対する興味から、「ダメでもともと、受かればラッキー」という気持ちで受験することにしてみました。それほどまでにゼネコンA社での施工管理が好きだったのです。

妻が偶然公務員の求人を見つけたことと、マンション紛争という2つの出来事から、なんとなく受験した採用試験でしたが、なんと合格。またお叱りを受けるかなと思いつつも、再び大学教授に報告したところ、今度は前回と打って変わって「良いところに決まったじゃないか。おめでとう」と労っていただけました。

このとき初めて、教授は何よりも門下生の幸せを一番に考えているということを、身をもって知りました。その後、お世話になったゼネコンA社社長に報告したところ、「おめでとう、不安定なところに行くならばウチにいれば良いけど、確実なところに決まって良かったね」と言ってもらいました。こうして、私の転職活動は終わりを迎え、新しい仕事の人生の一歩を踏み出すことになったのです。

施工管理の現場経験を公務員で生かす

転職のきっかけは、いつやってくるかわかりません。私の場合は、やむにやまれぬ経済的理由から転職を余儀なくされましたが、結果として、新しい業務内容に挑戦することによって、自分自身の成長につながっています。ゼネコンから公務員に転職して特に感じるのは「現場なくして建築は語れない」ということです。

役所には現場を知らず、理論だけで話をする人も多いため、どうしても業者側との摩擦が起きがちです。私もゼネコンでの施工管理経験6年程度で、業者と役所の溝を埋める役割に一役買うなど、自分に与えられた仕事以外にも付加価値を見付けることができています。

施工管理技士の成功のカギは「チャレンジ」

正直、ゼネコンでまた建築する側で働きたいという気持ちもありますし、東日本大震災後の建設業界の好景気を考えると、民間企業のほうが収入はよかったのかも、と思うこともあります。しかし、建設業界は非常に流動性の高い業界なので、先を見据えようとしても、経済のあおりをうけるなど、予想外のことが必ず起きます。ゼネコンの正社員といえども失職の不安は拭えません。

私はまだ若かったため、公務員への転職が可能でしたが、自分の転職経験と知人の転職事情を見ていると、安定を求めて動かない人よりも、チャレンジして転職している人のほうが、結局「安定」につながっているように思います。

工程作成、工程管理、業者折衝、予算管理など多岐にわたる施工管理の経験は、建設業界にいれば、どの分野の業種においても、会社が変わっても生かせる経験です。建設業界で生きていく以上は、いま目の前にある仕事を一生懸命にやり、時代にうまく合わせて仕事も自分も変化させていくことが、施工管理技士として重要な生き方ではないかと思います。一生懸命やった仕事は必ず身になります。

私もいつまで公務員に甘んじていようか悩んでいるところですが、常に視界を広く持つことが施工管理技士として重要ではないかと考えます。

こちらも合わせてどうぞ!
「建設に興味なかった」文系出身の施工管理技士が復興工事に参加する理由
復興工事で活躍する1級土木施工管理技士の細倉さんにインタビュー [caption id="attachment_591" align="aligncenter" width="800"] 1級土木施工管理技士の細倉さん[...
お笑い芸人「おかずクラブ」と国土交通省がタッグを組んだ狙いとは?
建設女子、現場女子を応援するイベント「つくっている私がすき!」 国土交通省がお笑いの吉本興業グループとタッグを組んだ。 建設業に携わる女性技術者・技能者を5年以内に倍増することを目標に掲げている国土交通省は、「もっと女性...
CADオペレーターという職種は消える?女性CADオペが語る「将来と転職」
CADオペレーターという職種は消える?女性CADオペが語る「将来と転職」
「一度も転職を考えたことがなかった」施工管理技士の転職理由 施工管理技士が転職する理由の中には「収入アップ」「キャリアアップ」「やりたい仕事をやる」といった前向きな理由から、「人間関係」「倒産」「介護」「病気」などやむを...
関東地方整備局 小池副所長が語る「荒川下流河川事務所」の発注工事、ICT土工、担い手確保……
WTO案件工事も控え、ゼネコンも注目する関東地方整備局 荒川下流河川事務所 首都圏の人口、資産、経済の中枢が集中する荒川下流。その災害防止を使命とするのが国土交通省関東地方整備局荒川下流河川事務所だ。荒川下流河川事務所は...

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
ゼネコンに6年勤務した後、公務員(技術職)に転職した建築施工管理技士。ゼネコンから役所に転職する技術者が増え、「役所のつまみ食い」が何かと問題視されている昨今ですが、私の場合は施工管理技士の人手不足が騒がれる前に転職したので事情が多少異なるかと(笑)
コネでゼネコンに入社。しかし施工管理6年で退職した「公務員」の胸中… コネでゼネコンに入社。しかし施工管理6年で退職した「公務員」の胸中…

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 建設現場の体験談募集
  • CALSperfect
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館