工事関係者42名が死亡。県道に鎮座する不思議な「岩の割れ目」の正体とは?

工事関係者42名が死亡。県道に鎮座する不思議な「岩の割れ目」の正体とは?

超危険!岩の割れ目に入ると、死に至る!?

某県道上に謎めいた岩がある。二車線道路のちょうど真ん中に取り残されたように鎮座する岩で、道路を切り裂くように岩が鎮座している光景がユニークなのか、観光スポットとしても有名なようだ。

ところで、道路整備という視点で見れば、明らかに邪魔な存在。実際、過去に道路工事を受注した建設会社が何度も撤去を試みたが、そのたびに工事関係者が死亡。ついに誰も手を付けられなくなったという、オカルト伝説も残されている。これはどういう岩なのか?視る人が視れば、真相がわかるかもしれない。ということで、視える建設会社社長の鬼瓦ゴン太さん(以下、敬称略)に視てもらった。

ネット上では、観光スポットして紹介されている岩。ただ、その割れ目には、人を死に至らしめる驚愕事実が隠されていた。

強力な磁界エネルギーにより、丹田エネルギーを破壊される

人が近寄ってはいけない岩?

人が近寄ってはいけない岩?

この岩は、呪いの岩なのか?

ゴン太「この岩は!?いつもよく行く代官山のブルースタードーナツにそっくりですね。夫婦岩周辺は、パワースポットとして機能しています。現場はプラスの良いフィールドです。ただ、問題なのが、この岩の割れ目。この間に人が入ると、人間の精気、丹田のエネルギーを奪われ、急死してしまう。時間にして26秒。これはかなり危険です。人が近寄ってはダメですね」

いきなり核心を突いてきた。岩自体ではなく、岩の割れ目に問題があると言うのだ。割れ目になにがあるのだろうか?

ゴン太「岩の表面は高度な科学力によって、イオン変化させられており、化学的な放射線トラップになってます。割れ目には強力な磁界エネルギーが発生しており、これによって人体の丹田エネルギーを包む丹田そのものが破壊されます」

岩周辺は、地元では山手の高級住宅地として知られている。岩が発するパワーの影響なのだろうか?

12

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
野良の物書き。物書き歴は、なんだかんだで15年以上。主に関西、中四国に出没します。
工事関係者42名が死亡。県道に鎮座する不思議な「岩の割れ目」の正体とは? 工事関係者42名が死亡。県道に鎮座する不思議な「岩の割れ目」の正体とは?

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 建設現場の体験談募集
  • CALSperfect
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館