「視える」建設会社社長が語る「呪いの工事現場のメカニズム」とは?

「視える」建設会社社長が語る「呪いの工事現場のメカニズム」とは?

「視える」建設会社社長が語る「呪われた工事現場のメカニズム」とは?

「施工の神様に、オカルト記事が載っているのを見た。私の話を聞いてもらいたい」――。ある日、「視える」建設会社の社長からコンタクトがあった。当初は大いに戸惑ったが、「どうもマジらしい」と考えるに至った。

コンタクト元は、視える建設会社社長である鬼瓦ゴン太(仮名)さん。今回、「視える」とはどういう能力か、呪われた工事現場のメカニズムとはどういうものか、カミングアウトした理由などについて話をまとめた。

時間軸を飛び超えて、未来の不祥事や事故を消し込む建設会社社長

――普段は「視える」ことを隠して、建設会社の社長業をやっているのか?

ゴン太 そうだ。私が視えることは、社員などには隠している。社長同士でも言わない。自分が視える人間だと言ったところで、世の中は、決して理解しないし、認めない。「おかしなヤツ」として扱われ、「ニヤリ」と笑われて終わりだからだ。歴史的に見ても、ヨーロッパでは魔女裁判にかけられ、火あぶりになって、社会から抹殺されている。普段は、その人の関心がある世界観、価値観に合わせて話をするように努めている。日常的にはまともな人間、まともな社長として、生活している(笑)。

――「視える」ことは、社長業にどう役立つのか?

ゴン太 中津川昴さんという人がいる。前世で、いつの時代に何をしていたかを教えてくれる人だ。中津川さんに会ったときに、「2018年のある月に、あなたの会社の命運を分ける勝負がある、気をつけて」と言われた。会社買収の危機だと言う。それは強力な資本で、うちの会社をグループ会社にしたいという勢力だった。Kという人物が重要人物がいて、「その人と争う」と言われた。

私は未来の勝負を見越して、買収リスクを消し込みに行った。Kの心に侵入して、消し込んだわけだ。後日「消した」と告げると、「消えたね」と言った。視える社長として、会社の未来の安全管理もやっている。世の中には「視える」だけの人もいるが、私は、「視える」だけでなく、「処理」もできる。つまり、除霊など、魔物などと「戦う」こともできる。これまでの能力開発、トレーニングの成果だ。社長業に大いに役に立っている。

私が自分の能力を駆使するときは、「ジョジョの奇妙な冒険」の波紋やスタンドを出した状態に近い。感覚自体が高度化し、独立する。荒木飛呂彦さんはスゴイ。チベットの高僧の生まれ変わりではないか(笑)。映画「スター・ウォーズ」や「マトリックス」の描写もリアルに近い。バーバラ・アン・ブレナンさんの著書「光の手」なども参考になる。

――未来の安全管理?

ゴン太 例えば、今後5年間、深刻な事故が起きるかどうか常にリサーチしている。時間軸を飛び超えて、未来の不祥事を消し込んでいる。リサーチすると、確実にヒットするので、それを消し込む。これによって、会社集団全体の命運のルートを変えるわけだ。その作業中は、はた目には空間を見つめているだけなので、誰もそんな重要な仕事をしているとは思わないが、3年後の死亡事故を消し込んでいたりするわけだ。将来のいろいろな人の交差、出会いを組み替えていって、調整し、変えていく。

カイロプラクテックで能力覚醒。工事現場でトレーニング

――いつから「視える」ようになったのか?

ゴン太 17年ほど前、腰を悪くして、カイロプラクティックで施術したところ、気脈が変わって、超感覚的な能力が覚醒した。施術したとき、左のハラから、右へ螺旋状に熱いものが、駆け抜けた。体が前より暖かくなり、空には光が見えるようになった。太陽から放射される太陽の活力を、球体の活力生命として、ビジョン視が可能になった。

うちの会社には、視える現場作業員Aくんがいた。能力が覚醒した最初の頃、Aくんと私の2人、ある工事現場でトレーニングを繰り返していた。私が手に念を込めると、スター・ウォーズのライトセーバーのように、フォースが手から放たれる。当時の私には視えなかったが、彼には視えた。私「今どう?」Aくん「出てます」という感じで、自分の能力を発揮するためのトレーニングをしていた。

――なんでも視えるのか?

ゴン太 周波数を細かくして、その周波数に合うものはなんでも視える。霊的なものが視えるなら、花粉情報などはもっとよく視える。物質に近いからだ。レーダーと一緒。

視える能力は感染もする。一緒に暮らしているうちに、私の妻も視えるようになった。「あんたと結婚したばかりに、こんなものが視えるようになった。昔の友達の誰にも言えない。こんな能力が芽生えて、私が引いたのは当たりくじか、はずれくじか」などとなじられている(笑)。

わが家には、1748年に23歳で亡くなった「あつ」さんが家政婦として働いている。あつさんは、栄養失調で亡くなって、数百年間地上を彷徨っていた。我が家の外に立っているあつさんに最初に気づいたのは妻だ。家に招き入れ、それ以来、生活をともにしている(笑)。現場で何か出たとき、あつさんに処理してもらうこともある。

123

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
野良の物書き。物書き歴は、なんだかんだで15年以上。主に関西、中四国に出没します。
「視える」建設会社社長が語る「呪いの工事現場のメカニズム」とは? 「視える」建設会社社長が語る「呪いの工事現場のメカニズム」とは?

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 建設現場の体験談募集
  • CALSperfect
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館