昔の公共工事は儲かった!で…今の建設会社が儲からない、たった1つの理由とは?

昔の公共工事は儲かった!で…今の建設会社が儲からない、たった1つの理由とは?

昔の公共工事は儲かった!…今の建設会社が儲からない、たった1つの理由とは?

苦労した夜間工事での水道管の入れ替え工事

とにかく、この工事は苦労しました。国道沿いの歩道に入っている「古い水道管」を撤去して、耐震型の水道管に入れ替える工事。国道沿いの工事という事もあり、昼間に車線の規制はできません。当然、夜間工事です。

水道管を入れ替えるだけではなく、既設の古い水道管を撤去しながらの作業。全体の工事延長は約600メートルで約50日かかりました。平均の進捗を計算すると、1日12メートル。当然、その日の施工箇所によって工事の進捗は異なります。配管が直管ばかりで簡単な箇所の施工であれば伸びますが、それでもこの工事の最高の進捗は40メートルでした。掘削や配管が難しい箇所では、1日5メートルしか進まない日もありました。

施工管理技士がハローワークを使うリスク。転職サイト、人材紹介会社を使うメリット

【PR】施工管理技士がハローワークを使うリスク。転職サイト、人材紹介会社を使うメリット

水道管工事の行く手を阻む、複数の障害物

造成工事なんかで水道管を新設するのであれば、地中に障害物がないので、1日100メートル敷設する事も可能です。しかし、施工箇所は国道沿いの歩道です。当然、地中は障害物だらけ!わずか幅員2メートルの歩道の中にガス管、NTTの菅、電気菅、それから既設の水道管が、複雑に絡み合うように埋設されています。

一番厄介な物が、不明菅です。多分ですが、現在は使用されていないでしょう。しかし、使われていないとしても、切断するわけにはいきません。そういう不明菅が一番の障害物となって工事の行く手を阻みます。

さらに、謎のコンクリート構造物。昔の建物の基礎なのか、機械で撤去をしようとしても、ビクともしません。謎のコンクリート構造物と、歩道の縁石の間に、かろうじて隙間があったので、その隙間を狙って水道管を通す事にしました。難しい配管になりましたから、当然、時間はかかります。

NTTや、ガス管が障害物となる場合もあります。土木業界の皆さんはご存じでしょうが、NTTやガス管を損傷させると、とんでもない事になりますから、そんな箇所の掘削は機械ではできません。人力による掘削となります。これはまた、大変な体力と時間がかかるのです!極寒の夜中に!

工事の進捗が悪くて儲からない!

工事の進捗が悪いという事は「儲からない」ことを意味します。いくら苦労して、頑張って工事を完成させても、儲からないと意味がない!

現場に携わった我々は「やっと工事が終わった!よかった!」と、達成感はありますが、会社的には全くやった意味がない!という事です。現場代理人の私の責任です。社長からは当然のお叱りです。

「苦労した事は理解してるけど、お前は一体、何をやってたんや?慈善事業やない!営利目的でやっとるんや!」

私は返す言葉がありませんでした。もっと対策できる事があったかも?知れませんね!反省しなきゃです!

さて、……

12

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
スコップを片手に現場の施工管理する、おっさん一級土木施工管理技士。 土木施工のオールラウンダー。 九州のクソ田舎出身。約10年前に何を思ったか、都会で仕事しようと思い立ち、移住。
昔の公共工事は儲かった!で…今の建設会社が儲からない、たった1つの理由とは? 昔の公共工事は儲かった!で…今の建設会社が儲からない、たった1つの理由とは?

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 建設現場の体験談募集
  • CALSperfect
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館