建設業界に数々のイノベーション!…常識を覆す「OKUTA」のヤバい社内制度とは?

建設業界に数々のイノベーション!…常識を覆す「OKUTA」のヤバい社内制度とは?

建設業界の常識を覆す、OKUTAの「働き方改革」

自然派パッシブデザインを導入した住宅リフォームで知られる株式会社OKUTA(オクタ、本社:埼玉県さいたま市、奥田勇会長)が、建設業界に「新しい風」を吹き込もうとしている。

OKUTAの先進的な「働き方改革」は、建設業界の常識を覆すものばかりだ。しかも、建設業界の中でかなり休日が多いなど頭抜けた福利厚生の充実が、OKUTAの生産性向上を可能にしている。

他社が真似できるかは未知数だが、OKUTAの「働き方改革」の秘密について、OKUTAの執行役員施工監理部部長の高橋拓也さんに話を聞いてきた。

自然派パッシブデザイン住宅のOKUTA

株式会社OKUTA執行役員施工監理部部長の高橋拓也さん

株式会社OKUTA執行役員施工監理部部長の高橋拓也さん

――OKUTAの特徴は?

OKUTA 珪藻土や漆喰、天然の木材を使用した自然派パッシブデザインの住宅リフォームを基幹事業としています。特に、光や風などの“自然の力”を利用してアクティブエネルギーに極力頼らない生活を実現させる「passiv design(パッシブデザイン)」は、2015年度グッドデザイン賞やハウスオブザイヤー優秀賞を受賞しました。

自社で独自に開発した「EM珪藻土」や「EMセルロースファイバー」という断熱材を壁面に使用し、日射遮蔽をコントロールすることで、エアコンを使用しないでも夏は涼しく、冬は暖かいお家に生まれ変わります。自然素材の家を一度体験すると、ビニル製の壁紙に囲まれた生活が息苦しく感じるかもしれません。

また、デザインコンテストでは過去通算300点を受賞し、「平成26年度 先進的なリフォーム事業者表彰(経済産業大臣表彰)」にも選定されるなど、数多くの賞を獲得しています。

――OKUTAはリフォーム業だけ?

OKUTA いいえ、リフォームだけでなく、LOHAS studioプロデュースの新築「LOHASTA home」、土地・建物の不動産仲介、オリジナル建材開発・販売などを手掛ける「OK-DEPOT」などがあり、多角的な事業展開を行っています。

またリフォームにおいても、自然派デザインリフォームの「LOHAS studio」だけでなく、住宅設備の交換や修繕工事を提供する「Handyman」もブランドを分けて展開しています。

さらに、「LOHAS CLUB」という、住宅関連の“生涯サポート”サービスも提供しています。入会すると水道やトイレの修理から、シャワーホースや網戸の交換、エアコンクリーニングなど、最大56種類の住宅メンテナンスサービスを格安で受けられます。現在、約1万4,000世帯の会員登録があり、かなりお得なので私自身も入会しています(笑)。OKUTAの手掛けた住宅以外でも利用可能なので人気です。

――OKUTAの営業方法は?

OKUTA 東京、神奈川、千葉、埼玉など首都圏12ヶ所に「LOHAS studio」という自然素材の空間を体感できる店舗を展開しています。自然素材やデザインリフォームに興味のあるお客様が雑誌やwebなどでOKUTAのことを知り、「LOHAS studio」まで足を運んで頂き実際に空間を体感していただきます。また「LOHAS CLUB」の会員様が住宅をリフォームする際もOKUTAにお任せいただくことが多いです。 最近では、OKUTAのお客様からのご紹介で、リフォームをご依頼いただくケースも増えています。

LOHAS studio立川店

LOHAS studio立川店

――OKUTAが「自然派」にこだわる理由は?

OKUTA かつては売上至上主義の時期もありましたが、15年ほど前に自然派の住宅リフォーム会社へと経営方針を大転換しました。

創業オーナーの奥田が大きな事故にあい、企業の社会的意義や社会的責任について改めて見つめなおしたことがきかっけで、量的拡大から質的拡充へと大きく舵を切りました。

OKUTAは「ミッション経営」を行っており、OKUTA Family全社員の共通認識と社会へのメッセージとして「ミッション・ステートメント」を定めていますが、そのミッションに「地球環境を尊重する経営」や「持続可能な事業」を加えて方針としたため、それらを実現するための一つの切り口として「自然派」というキーワードがあります。

健康と環境に配慮し持続可能性を大切にする精神は事業だけでなく社員の在り方も同様で、OKUTAの休暇制度がユニークなのも、持続可能な働き方を実現するための一つの方法です。

建設業界における「働き方改革」のトップランナー

――「持続可能な働き方」とは?

OKUTA 一般的に建設業界や住宅リフォーム業界は、ブラックだと言われがちですが、魅力的でない会社には若い社員は入ってきませんし、提供するサービス自体も悪くなってしまいます。

そこでOKUTAでは、社員が快適に働けるように斬新な社内制度を次々と設けて、建設業界における「働き方改革」のトップを本気で目指しています。そして、社員たちがメリハリを持って楽しそうに働いているので、若い新入社員もどんどん入ってきています。社員たちのモチベーションも高いので生産性も向上し、利益も出るという好循環が生まれています。

OKUTAでは、社員や社員の家族、取引先のサプライヤーのことを「OKUTA Family」と呼んでいるのですが、家族のように信頼し、仲間としての絆を持つことで人材も技術も収益も「継続と成長」すると考え、社員とその家族やサプライヤーが幸せになることを最大の目的としています。

株式会社OKUTA執行役員施工監理部部長の高橋拓也さん

123

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
建設専門紙の記者などを経てフリーライターに。建設関連の事件・ビジネス・法規、国交省の動向などに精通。 長年、紙媒体で活躍してきたが、『施工の神様』の建設技術者を応援するという姿勢に魅せられてWeb媒体に進出開始。
建設業界に数々のイノベーション!…常識を覆す「OKUTA」のヤバい社内制度とは? 建設業界に数々のイノベーション!…常識を覆す「OKUTA」のヤバい社内制度とは?

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 建設現場の体験談募集
  • CALSperfect
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館