【1級土木施工管理技士の合格講座23】共通工学「測量」「鉄筋組立」「機械」

【1級土木施工管理技士の合格講座23】共通工学「測量」「鉄筋組立」「機械」

【1級土木施工管理技士の合格講座23】共通工学「測量」「鉄筋組み立て図」「機械」

【1級土木施工管理技士の合格講座】第23回目は、共通工学「測量」「鉄筋組立図」「機械」です。

共通工学からは、測量1問、契約設計2問、機械1問の合計4問出題され、4問選択の必須問題です。ここはやや難問が多い上、ポイントが絞りづらいので、少し点数のとりにくい範囲です。

今回は覚えやすいポイント、よく出題される所に絞って解説します。

共通工学「測量」トータルステーションについて

  • トータルステーションとは、測距(斜距離)、測角(水平角と垂直角)が測定できる器械。水平距離、高低差も換算により観測できる。水準測量(高さ)の測定精度はレベルほど高くはない。
    →「水平距離を直接測定できる」「水平距離を性格に測定できる」という記述の出題があると×。
  • 座標値を持つ点を設置することができる。
    →「座標値を持つ点を設置することができない」という記述があると×。この記述が非常に多く出題されている!
  • 気温、気圧、機械高は自動的に読み取ることは出来ない。
    →レベル(水準測量)では、基準点を後視することで機械高が計測できる。

 


【例題】次の記述は正しいでしょうか、誤っているでしょうか?

トータルステーションでは、観測した斜距離と鉛直角により、観測点と視準点の水平距離は算出できるが、高低差は算出できない。

→解答×…水平距離、高低差ともに算出できる。高低差の測量精度はレベルより劣る。

トータルステーションによる観測では、座標値を持つ標杭などを基準として、すでに計算された座標値を持つ点を設置することはできない。

→解答×…現場などでもトータルステーションは座標値をもつ点を設置する場合に使用される。


12

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
大阪工業大学を卒業後、某ゼネコンに就職。現在、一般社団法人全国教育協会(関西建設学院)にて土木・建築施工管理技士の資格取得セミナーの講師を担当している。体育会系で勉強が好きではなかったため、「勉強が苦手な人にわかりやすい解説」をモットーに、業界No.1講師を目指して修行中! Twitter→ https://twitter.com/LICEN0202
【1級土木施工管理技士の合格講座23】共通工学「測量」「鉄筋組立」「機械」 【1級土木施工管理技士の合格講座23】共通工学「測量」「鉄筋組立」「機械」

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 施工管理技士の転職サイト
  • 建設現場の体験談募集
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館