「土木は馬鹿の仕事?」建設業を知らない人ほど「3K」と言いたがる!

「土木は馬鹿の仕事?」建設業を知らない人ほど「3K」と言いたがる!

土木を馬鹿にする若者たち

先日、とある地域の業務委託を行っている際、私たちの作業を見ていた若者数人がこんな会話をしていました。

若者A「こんな暑い中、よくあんな作業できるよな」

若者B「絶対にあんな仕事はしたくないよな。きつそうだし」

若者C「土方の仕事なんて誰にでも出来る、馬鹿がやる仕事だよ」

従業員全員に丸聞こえでしたが、誰も文句を言いに行かず、みな淡々と仕事をこなしていました。

私はこの会話を聞いて、腹が立つというよりは、世間の建設業界に対するリアルな声が聞けた気がしました。そして、こういった間違ったイメージを払拭したいという想いが強く湧いてきました。

土木業界には東大・京大の卒業生もいる

まず「土木は学歴のない馬鹿のやる仕事」という勝手なイメージを捨てていただきたい。もちろん、全ての方がそう思っているわけではないのは分かっているのですが、実際に土木業界に携わっていると、悲しいことにそういった心無い言葉を耳にする機会があるのは事実です。

しかし、私は建設業界に誇りを持っていますから、このような言葉を聞いても、悲しむのではなく、ちゃんとした土木業界を知ってほしいと強く思います。

「土木=馬鹿」というのは全く逆で、馬鹿に土木は出来ません。土木業界には東大や京大出身者もいます。ただ単純に作業をこなすだけなら、確かに誰でも出来ます。しかし、土木の仕事は毎日、目まぐるしく現場が変わり、頭を相当捻らないといけないような現場が数多くあります。

型枠が良い例です。構造物に合わせた寸法の型枠を作る時だけでも、パネルの向きや、面木の打ち付け位置も気を付けながら、尚かつ図面に記された構造物の完成形をイメージしながら、作業を進めていかなくてはいけません。

さらには現場監督が指示したことを瞬時に理解し、施工しなければならないため、土方には相当な理解力とイメージ力が必要とされます。

家を建てる時も同じだと思います。建築士の言っている意味の分からない大工に家は造れません。相当な専門性も必要とする建設業の仕事は、決して馬鹿にできる仕事ではないのです。

12

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
大学卒業後に一度、建築商材会社に就職するも、その後、現場に立ちたいという想いから、建設会社に転職。 これまでに道路舗装や下水道、解体などの工事に携わってきたが、今は急傾斜地区崩壊対策事業の測量や施工を主に担当している。
「土木は馬鹿の仕事?」建設業を知らない人ほど「3K」と言いたがる! 「土木は馬鹿の仕事?」建設業を知らない人ほど「3K」と言いたがる!

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 施工管理技士の転職サイト
  • 建設現場の体験談募集
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館