「表彰を狙え!」スーパー現場代理人・柿崎赳さんの仕事術【山形県・新庄砕石工業所】

「表彰を狙え!」スーパー現場代理人・柿崎赳さんの仕事術【山形県・新庄砕石工業所】

「表彰を狙え!」スーパー現場代理人・柿崎赳さんの仕事術【山形県・新庄砕石工業所】

「国土交通大臣賞」をはじめ数多くの賞に輝いた現場代理人

東京から約3時間30分。山形新幹線の終着駅、山形県新庄市。ここに建設業界の数々の表彰を受けてきた現場代理人・柿崎赳さん(31歳)がいると聞いて訪ねました。柿崎赳さんは、株式会社新庄砕石工業所の取締役管理部長。どうすれば柿崎さんのように表彰を獲ることができるのでしょうか?

柿崎赳さんの主な表彰歴は、『私たちの主張〜未来を創造する建設業〜』国土交通大臣賞、東北地方工事安全施工推進大会 優秀現場代理人表彰、新庄河川事務所長表彰、福島河川国道事務所長表彰など。最近は3現場連続で表彰を受けています。

中央大学・法学部出身。文系でも建設業界で認められたい

「福島河川国道事務所長表彰」を受けた阿武隈川上流本宮地区築堤他工事

「福島河川国道事務所長表彰」を受けた阿武隈川上流本宮地区築堤他工事

――柿崎さんは建設業界で数多くの表彰を受けていますが、これらは狙って獲ったのか?それとも偶然、獲れたのですか?

柿崎赳さん(以下、柿崎) すべての表彰を初めから狙っていました。優秀な人なら「後から結果がついてきた」ということもあるかもしれませんが、私のような凡人にそれはムリです。現場立ち上げの時から、「絶対に表彰を獲るんだ」という強い気持ちで挑みました。計画→実行→評価→改善を繰り返す「PDCAサイクル」を気が遠くなるほど繰り返し、ようやく獲ることができました。

――表彰にこだわる理由は何でしょうか?

柿崎 私は大学で文系だったんですね(中央大学・法学部出身)。理系ではない私でも努力すれば建設業界で認めてもらえる、それを証明したいという気持ちがありましたね。

――すでにたくさんの表彰を受けていますが、今後はさらに回数を重ねていくイメージですか?

柿崎 いえ、私自身が表彰をいただくのは、もういいかなと思っています。これから先は新庄砕石工業所の他のメンバーに表彰を受けてほしい。そのために、今年の春からは専任の現場を持たず、複数の現場のフォロー役に徹しています。

――具体的にはどんなことをされているのですか?

柿崎 弊社(新庄砕石工業所)の主な現場を私が巡回しながら、機械や作業員の配置などをかなり細かくチェックして、不備があれば徹底指導しています。

――実績のあるコーチが付いているのは心強いですね。表彰は新庄砕石工業所にとっても相当メリットがありますか?

柿崎 会社にも個人にもメリットがあります。会社のメリットとしては、表彰をいただくことで入札時に加点になり、次の仕事を受注しやすくなります。個人のメリットは、能力や努力を大勢の方々に認めてもらえるということです。特に東北地方整備局レベルの表彰式ともなると盛大ですし、そのような場で表彰されるということは大変な栄誉です。何とかベテランにも若手社員にもこの賞を獲らせたいと考えています。弊社では表彰=社長賞で金一封も出ますし。

――ただ今の若い世代は、人よりも評価されることに消極的ではないですか?

柿崎 そんなことありませんよ。私より下のアンダー30の世代でも、きっかけさえあれば表彰に貪欲になります。若い世代の特徴は、自分自身の存在を認めて欲しいという想いが強いんですね。表彰というのはその承認欲求を満たす役目も果たします。

実際に、事務所長表彰を受けた弊社の若手は、それで満足することなく、皆の前で「もっと表彰を獲りたい」と言います。若手が意欲的になることはベテランへの刺激にもなり、組織全体の活性化につながるという利点もあります。

123

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
『現場の神様』編集部です。個人・企業を問わず、取材してほしい方・執筆協力いただける方・PRしたいことがある方を募集しています。 お問い合わせはこちらへ。
「表彰を狙え!」スーパー現場代理人・柿崎赳さんの仕事術【山形県・新庄砕石工業所】 「表彰を狙え!」スーパー現場代理人・柿崎赳さんの仕事術【山形県・新庄砕石工業所】

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • 施工の神様
  • 技術を知る
  • 「表彰を狙え!」スーパー現場代理人・柿崎赳さんの仕事術【山形県・新庄砕石工業所】
  • media_ toR60
  • 建設現場の体験談募集
  • CALSperfect
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館