建築雑誌『建築知識』、建築基準法を「萌えキャラ」に擬人化

建築雑誌『建築知識』、建築基準法を「萌えキャラ」に擬人化

建築雑誌『建築知識』、建築基準法を「萌えキャラ」に擬人化

今、老舗建築雑誌『建築知識』が面白い!

来年、創刊60周年を迎える建築実務の月刊誌『建築知識』。建築士や工務店に読まれている堅い雑誌というイメージが強い同誌だが、今年の12月号では、建築基準法などの建築法規を「萌え絵キャラクター」で表現し、物議をかもしている。

『建築知識』を発行している株式会社エクスナレッジは、『建築知識』の建築実務誌としてのスタンスを維持しつつも、マンネリ化を打破するという自由な社風もある。最近では、猫と家族が快適に住める「猫の家」特集を組み、45,000部が完売するなど、次々と新たな読者層を開拓している。現在、「萌えキャラ」を全面に押し出している12月号では、10代の男性が新たな購買層として増えているという。

『建築知識』がどこに向かおうとしているのか?『建築知識』編集部の吉田和弘さん、松尾えりかさん、そしてエクスナレッジ取締役副社長の三輪浩之さんに話を聞いてきた。

『建築知識』は、一級建築士、二級建築士に読まれている

『建築知識』編集部の吉田和弘さん

『建築知識』編集部の吉田和弘さん

——『建築知識』の読者層は?

建築知識 『建築知識』の読者層は、一級建築士、ないしは二級建築士をすでに取得している方か、自身で事務所を立ち上げて勉強している方が多いです。公共工事に関わるような建設会社や設計事務所ではなく、小規模な建物に携わる設計者や地元密着型の工務店など、戸建て住宅産業にかかわる方々が中心です。年齢層は40代から50代の男性が多いです。設計事務所や工務店の社長、所長クラスが購読していて、それを若い社員に読ませているケースもあります。

——誌面づくりで意識している読者は?

建築知識 大学を卒業後、いざ実務に入ろうとしたら、家のつくり方が分らない、という30代前後の建築士の方々が学べるように意識しています。

最近、特に力を入れている特集のひとつに、建築確認申請を円滑に進めるための「法規」関連があります。 年間を通じて「法規」の特集は年1回。残りの11回は施工の進め方を教える内容や、設計のディテールで、戸建て住宅を建てる際の実務に役立つように工夫しています。

——木造住宅の記事にこだわる理由は?

建築知識 ほとんどの大学では、コンクリートや鉄骨造などの講義が多く、木造についてはあまり習いません。例外は女子大の住居学科ぐらいでしょうか。そのため、設計事務所などに入社しても、木造の家のつくり方が分らないという方が案外多いです。そこで『建築知識』は、そういった方々のために、木造住宅の設計に役に立つ実務雑誌として、家の作り方を丁寧に説明する内容になっています。現在、戸建て住宅(持家)は年間約30万戸ほど建設されていますから、読者層の裾野は広いほうだと思います。

12

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
建設専門紙の記者などを経てフリーライターに。建設関連の事件・ビジネス・法規、国交省の動向などに精通。 長年、紙媒体で活躍してきたが、『施工の神様』の建設技術者を応援するという姿勢に魅せられてWeb媒体に進出開始。
建築雑誌『建築知識』、建築基準法を「萌えキャラ」に擬人化 建築雑誌『建築知識』、建築基準法を「萌えキャラ」に擬人化

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 建設現場の体験談募集
  • CALSperfect
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館