監督職員に「だっから、なんでわかれへんのですかっ!」とキレちゃった…

監督職員に「だっから、なんでわかれへんのですかっ!」とキレちゃった…

工事成績優秀企業の認定を受けた西田工業の土木技術者たち

西田工業株式会社(本社・京都府福知山市)は、25名の土木技術者を抱え、福知山市内を中心に、社会インフラの整備を手掛けています。その技術力は発注者から高い評価を得ており、国土交通省近畿地方整備局から平成29年度の工事成績優秀企業の認定を受けました。

今回は、福井富士男・土木事業本部工事部長と、宮村徹・工事主任のお二人に、それぞれのキャリアなどについて聞きました。

前回のインタビューに引き続き、西田泰晤社長、西田吉宏副社長にも話に加わっていただきました。

福井富士男・西田工業株式会社土木事業本部工事部長

西田工業株式会社 福井富士男・土木事業本部工事部長

宮村徹・西田工業株式会社土木事業本部工事主任

西田工業株式会社 宮村徹・土木事業本部工事主任

JR西日本の「厳格さ」に苦しめられる

――これまでのキャリアを教えてください。

福井 私は兵庫県城崎の生まれで、地元の工業高校で土木を学んだ後、西田工業に就職しました。入社して33年になります。入社以来、ずっと福知山で土木現場の仕事をしてきましたが、ここ2、3年は社員の指導や社内検査、積算業務などの現場以外の仕事を担当しています。

宮村 私は熊本出身で、工業高校の土木科を卒業後、西田工業に入りました。今年で13年目です。

――これまで手掛けた仕事は?

福井 大きな仕事としては、15年ぐらい前に着工したJR福知山線の高架工事があります。10年の工期のうち、監理技術者として、6年間工事に携わりました。JRの在来線が動いている真横の現場でしたので、一歩間違えれば、すぐに電車が止まってしまう状況での工事でした。毎日がそのプレッシャーとの闘いでしたね。

――大変だったことは?

福井 その当時、JR西日本さんが非破壊検査を採用し始めたころです。非破壊検査とは、今で言う鉄筋探査、RCレーダーです。このレーダーを使えば、コンクリートを打った後でも、レーダーで内部を検査できるわけです。毎月1回、JR西日本さんの品質パトロールというものがあって、4名のパトロール員が現場の隅々まで「厳格な」チェックをされます。とにかくいろんな指摘を受けるわけです。指摘された問題に対して、ちゃんと回答や改善をしないと、次の工程に入れません。品質管理にはものすごく気を使いました。やり直しもたくさんやりました。

JR高架橋の夜間架設作業の様子

JR高架橋の夜間架設作業の様子(当時)

――JR西日本の品質管理は、ほかの発注者と比べても厳しいんですか?

福井 厳しいです。他の発注者とは全然違いますね。JR西日本さんは、独自の品質マニュアルを持っています。そこで定められた品質をクリアしないと、次の工程に進めないことになっていて、その品質マニュアルが、ほかの発注者より、はるかに厳しいんです。

――JR西日本の仕事の達成感は大きい?

福井 大きいですね。高架構造物は、永久構造物としての品質が重要視され、それを目指して職員や作業従事者が苦労して造り上げた構造物なので、それを完成させることの達成感は非常に大きいです。

――コンクリートの品質検査一つとっても違う?

福井 それはもう、厳しい検査があります。コンクリートの水セメント比が一番厳しいです。

123

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
野良の物書き。物書き歴は、なんだかんだで15年以上。主に関西、中四国に出没します。
監督職員に「だっから、なんでわかれへんのですかっ!」とキレちゃった… 監督職員に「だっから、なんでわかれへんのですかっ!」とキレちゃった…

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 建設現場の体験談募集
  • CALSperfect
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館