【創業110年の土木論】福知山を拠点に、関西一円で土木建築を手がける西田工業株式会社

【創業110年の土木論】福知山を拠点に、関西一円で土木建築を手がける西田工業株式会社

大阪・京都・兵庫を中心に、土木建築を手がける西田工業株式会社

西田工業株式会社(本社・京都府福知山市)は、今年、創業110年を迎える総合建設会社です。大阪や神戸などにも拠点を構え、関西を中心に、官民の元請け仕事を手がけています。

今回、西田工業の歩みや、土木建築の仕事への思い、後継者づくり、土木技術者に期待することなどについて、西田泰晤代・表取締役社長、西田吉宏・代表取締役副社長・大阪本店長に聞きました。

西田工業株式会社 西田泰晤・代表取締役社長

西田工業株式会社 西田泰晤・代表取締役社長

西田工業株式会社 西田吉宏・代表取締役副社長・大阪本店長

西田工業株式会社 西田吉宏・代表取締役副社長・大阪本店長

ルーツは神戸。国鉄工事で福知山を拠点に創業110年

――西田工業は福知山本社以外にも事業所がありますが、地域建設業なのですか?

西田社長 大阪、京都、兵庫の三府県を中心に事業展開しています。それ以外でも、福井県や和歌山県、岐阜県などでも仕事をしています。そこそこの大きさの工事案件があれば、施工をすることはあります。広い意味での地域建設業です。元請け志向で、独立志向です。大手ゼネコンの下請けなどは一切していません。むしろ、「大手にも負けない仕事をするぞ」という気概を持ってやってきました。大手ゼネコンとは、かつてJVを組んだことはありますが、場合によっては、仕事を取り合うこともありました。

西田副社長 福知山本社は、間違いなく地域建設業です。ただ、大阪本店は、民間工事が主体なので、地域性は薄いですね。

――もともと福知山で創業して、大阪や兵庫に営業エリアを広げていったのですか?

西田社長 もともとは、私の祖父である西田種蔵が神戸市北区道場町で土木建設業を営む兄の手伝いをしていましたが、独立心が強く、福知山に飛び出して、明治42年に福知山で西田組を創業しました。福知山に来たのは、おそらく、国鉄の仕事があったので、引っ張られたのだと思います。最初は下請けでしたが、そのうち元請けの仕事をやったようです。国鉄の土木営繕、建築営繕の仕事を続けているうちに、福知山に根を張りました。福知山の官庁発注工事には、ほとんど西田工業は関わってきました。福知山城の再建工事などもそうです。

ところが、戦後長きにわたって続いた蜷川府政によって、西田工業は、福知山周辺の京都府発注の工事から締め出されてしまいました。その当時、私の父親がすでに大阪に出先を開設していたのですが、これを大きくしていこう、という流れになりました。今でも西田工業は福知山と大阪を柱にしていますし、ルーツの地である神戸には支店を置いています。

現在では、福知山は官庁工事、大阪など出先では、地元企業優先発注が官庁の方針にあるため、民間建築が主体になっています。土木の景気が悪いときには、建築に力を入れ、建築が悪いときには、土木に力を入れるというカタチで、バランスをとってやってきました。

――土木と建築のバランスで景気の変動を乗り切ってきたと。

西田社長 土木建築以外には手を出さなかったです。過去には他社で農業などの仕事に手を出した会社もありますが、うまくいった話を聞いたことがありません。土木建築に専念してやってきました。ただ、西田工業の完工高は、120億円が過去最高ですが、今は40億円まで落ちてきています。バランスを取ってきたとは言え、公共工事の減少の影響はやはり大きいです。なんとか生き残ってきたというのが率直なところです。

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
野良の物書き。物書き歴は、なんだかんだで15年以上。主に関西、中四国に出没します。
【創業110年の土木論】福知山を拠点に、関西一円で土木建築を手がける西田工業株式会社 【創業110年の土木論】福知山を拠点に、関西一円で土木建築を手がける西田工業株式会社

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 建設現場の体験談募集
  • CALSperfect
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館