住友林業と熊谷組の提携、ハイブリッド建築とワンストップサービスの時代へ

住友林業と熊谷組の提携、ハイブリッド建築とワンストップサービスの時代へ

住友林業株式会社 新事業戦略開発室長 永江剛史さん

住友林業と熊谷組が業務資本提携した理由

昨年11月9日、ハウスメーカー大手の住友林業と、準大手ゼネコンの熊谷組が業務提携・資本提携することを発表した。同月にはパナソニックが松村組を買収すると発表するなど、建設業界は今、デベロッパー、ゼネコン、ハウスメーカーの垣根を越えたボーダレス化の時代を迎えている。

なぜ住友林業は、パートナーとして熊谷組を選択したのだろうか?住友林業の新事業戦略開発室長・永江剛史さんにその狙いを聞いてきた。

「ハイブリッド建築」、「木への回帰」そして「ワンストップサービス」という3つのキーワードが、提携の背景にはあるようだ。

123

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
建設専門紙の記者などを経てフリーライターに。建設関連の事件・ビジネス・法規、国交省の動向などに精通。 長年、紙媒体で活躍してきたが、『施工の神様』の建設技術者を応援するという姿勢に魅せられてWeb媒体に進出開始。
住友林業と熊谷組の提携、ハイブリッド建築とワンストップサービスの時代へ 住友林業と熊谷組の提携、ハイブリッド建築とワンストップサービスの時代へ

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • media_ toR60
  • 建設現場の体験談募集
  • CALSperfect
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館