「二級建築士は結局、二流なんだよ!」北方謙三を愛読するパワハラ上司を攻略した、新入社員の女傑設計士

「二級建築士は結局、二流なんだよ!」北方謙三を愛読するパワハラ上司を攻略した、新入社員の女傑設計士

「二級建築士は結局、二流なんだよ!」北方謙三を愛読するパワハラ上司を攻略した、新入社員の女傑設計士

パワハラ上司の胸襟を開く新人のテクニック

偏見かもしれないが、建設現場で長年働いてきた男たちは、クセが強くてかなり扱いにくい。クセ者の集まる建設現場で大金を動かして生きていれば、それも仕方がないのかもしれない。しかし、建設現場の人間は扱いにくい反面、ひとたび打ち解ければ、良いお付き合いができる人も存在する。

今回は私が新人時代に経験した、超気難しい現場人との交流記をお伝えする。気難しい現場人の胸襟を開くための1つのテクニックとして参考して欲しい。

新入社員の挨拶を無視するパワハラ上司

工業高校卒業後、中小企業の建設会社に入社した私は、1ヶ月間の研修期間中に社内の全部署で仕事を体験することになった。超気難しい現場人Gさんとの出会いは、工事部での研修時だった。

公共工事の現場に現れた現場人Gさんは、当時40代後半の働きざかり。大きな現場をいくつも掛け持ち、「自信の塊」のような男だった。

私の他に男性2人が同期入社したが、私たち新人トリオがGさんに挨拶をしても完全無視。鋭い眼差しで2~3秒睨まれ、顔をプイッと背けてどこかへ行ってしまうGさんに、新人トリオは「なんだこのオッさんは、へんなの」と呆れ気味だった。しかし、これは恐怖の序章に過ぎなかった。

123

この記事を書いた人

この著者の他の記事を見る
2級建築士(女性)。某建設会社の設計部で、主に戸建て住宅の新築やリフォームの設計・積算を担当。今は子育てに追われ、在宅勤務中。再び前線に復帰することを夢見ながら、建築業界に必死でしがみつく日々。
「二級建築士は結局、二流なんだよ!」北方謙三を愛読するパワハラ上司を攻略した、新入社員の女傑設計士 「二級建築士は結局、二流なんだよ!」北方謙三を愛読するパワハラ上司を攻略した、新入社員の女傑設計士

施工の神様をフォローして
最新情報をチェック!

現場で使える最新情報をお届けします。

  • 施工の神様
  • 失敗を生かす
  • 「二級建築士は結局、二流なんだよ!」北方謙三を愛読するパワハラ上司を攻略した、新入社員の女傑設計士
  • 施工の神様
  • 技術を知る
  • 「二級建築士は結局、二流なんだよ!」北方謙三を愛読するパワハラ上司を攻略した、新入社員の女傑設計士
  • media_ toR60
  • 建設現場の体験談募集
  • CALSperfect
ランキング
  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館