4D-SuperNATMとは、山岳トンネル壁面の最終変位量を早期予測できる計測管理システムのことで、予測に際しては、設計上のトンネルの線形/断面/支保パターン/地形などの3次元情報、地山の物性値などが必要とされる。なお、掘削後の壁面を3Dレーザースキャナーで測定し、専用ソフトに入力して3次元FEM解析を実施すると自動で最終変位量が予測される。4D-SuperNATMは変位量が管理基準とを超える前に適切かつリーズナブルな対策を打つことが出来るとされる。4D-SuperNATMはCIMとの統合を念頭に置いたもので、戸田建設によって開発された。

  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館