ダブル免震とは、竹中工務店によって開発された建造物の基礎部分/中間層にそれぞれ免震層を設置する技術のことで、具体的には複雑な形状の超高層などに適用されることで高層部分の大きな変形(むち振り現象)を抑制するものとして期待される。尚、免震層が1層でも十分な性能確保がなされていたが、長周期地震動への対策も視野に入れ、ダブル免震の技術開発が進んだとされる。ダブル免震による高い安全性/快適性が特筆され、特に最上階の地震の揺れ(加速度)の軽減/構造体・仕上げ材の損傷の最小化/設計の自由度向上/免震クリアランスの確保などが挙げられる。ちなみに、ダブル免震は最高水準の建築コンセプト(プレミアムセイフティビル)において、技術の中核に据えられている。

[PR]建築施工管理の求人を探す

  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館