白華現象(エフロレッセンス)

白華現象(エフロレッセンス)とは、外階段や土間に施工したタイルや石張りの目地部に発現する白い生成物を指す。原理としては、目地部から浸透した雨水や洗い水などによって、張付けモルタルに含まれる石灰分が目地部から折出/固化して生じるとされる。白華現象(エフロレッセンス)は、特に水の滞留部分や冬期施工の場合に多く発生するとされ、外観上のクレームの一因とされるものである。尚、白華現象(エフロレッセンス)の処理は難しいとされるが、生成物自体は無害の上、強度上の問題もないとされる。

  • 施工管理求人ナビ
  • 建設現場の体験談募集
  • けんせつPlaza 電子カタログ資料館